メンズ

光トポグラフィー検査で正確な診断ができる|ヘッドギアのような装置

精神に関わる先進医療技術

悩む男性

精神病を判定する機械

光トポグラフィーという先進医療技術を使った検査を利用する病院が徐々に増えてきています。光トポグラフィーという検査はあまり聞きなれないという人は多いのですが、その検査を利用することによって自分自身がうつ病にかかっているかどうか分かる機械なのです。うつ病は現代病とよばれるほどかかる人は多くなってきていますが、実際のところ医師やカウンセラーでもうつ病や精神疾患をはっきり完璧に診断するのは難しいものといわれています。心療内科でうつ病かどうか判断するときは、病院によってその基準は変わってきたりするのですが多くのところではうつ病かどうかチェックシートを利用して、チェック項目を見て判断することがよくあります。そして患者の普段の苦痛や辛い症状をうかがい診断していくものなのです。診断マニュアルというものがあり、それにしたがって当てはまる項目があればうつ病と判断し治療を行なって行ったりするのですが、完璧に診断するには本当に難しいといわれる病気なのです。光トポグラフィーはそのうつ病にかかっている確率をパーセンテージで診断し判定してくれるものなのです。たとえば「あなたの脳は60パーセントから80パーセントうつ病にかかっている可能性があります」と判定してくれるでしょう。

診断の補助としての機械

その光トポグラフィーを導入している病院はまだまだ多くはないものの、徐々に増えてくるようになってきております。おおよそ都道府県に1箇所の病院は設置されていることがあり、もし自分自身が本当にうつ病にかかっているかどうか判定してほしいと思うのであれば、自分が住んでいる地域で光トポグラフィーが設置されている一番近い病院を検索して探すことができます。光トポグラフィーは脳の血液量の変化を波形で表すことで、うつ病などの精神的病を客観的なデータを得られるものです。検査を受けて分かるものは健常者の脳であるか、うつ病の脳であるか、双極性障害の脳であるか、統合失調症の脳であるかがなど、脳の詳細な状態です。しかしあくまで確率で判定するため、完全にその病気だとはっきり診断される機械というわけではありません。はっきりと判定されるのではなく、診断の補助として利用される検査機械に過ぎないことを理解しなければなりません。ですが人間の判断ではなかなかできなかった精神病の状態を判定することができるような機械が現れ、これからの精神的なサポートにとても役に立つものだと考えられています。