メンズ

光トポグラフィー検査で正確な診断ができる|ヘッドギアのような装置

先進医療技術の検査法

ドクターと患者

うつ病の予防

うつ病の症状はさまざまですが、一般的には精神的・身体的に不調が起こり、その症状が1〜2週間以上経過しても改善されない場合には、うつ病が進行している場合があります。不調が続き日常生活に支障をきたすようになるので、早目の治療が必要です。うつ病の治療法は、年々進歩しており、薬物療法、精神療法、心理療法、電気けいれん療法、経頭蓋磁気刺激治療法などがあります。うつ病を発症する人は、真面目で責任感が強い人が多いと言われています。うつ病予防や再発防止のために、自分の考え方を見直すことが大切です。普段から考え方を客観的に分析し、柔軟に対応することができる力をつけることが必要です。自分で考え方を見直すことは、なかなか難しいので、心理療法などで根本的な考え方を見直す力を身につける方法を学ぶことが大切です。うつ病と日光は深いつながりがあります。日常的に外出や散歩をこころがけて日光を浴びる工夫をしましょう。うつ病の予防には、運動も効果的なので、軽いストレッチやウォーキングを始めるのもおすすめです。日光を浴びることが予防につながるので、特に朝のウォーキングをおすすめします。日常生活の中で、健康的に工夫しながらうつ病対策をしましょう。

目で見える検査結果

以前ではうつ病の診断は難しいものでしたが、最近ではうつ病が珍しい疾患ではなくなったために、精度の高い方法で検査ができるようになりました。それが光トポグラフィー検査と呼ばれる検査法です。特殊な機械を用いて脳内の血流を検査し、脳の状態が正常かどうか、うつ病を始めとした精神疾患にかかっていないかを見極めることが可能な検査法となっているのです。うつ病などの精神疾患を客観的に診断することができる先進医療技術として今大変注目されています。グラフ化されたデーターのために、自分がうつ病なのかが判断できる唯一の検査方法です。光トポグラフィー検査は短時間で受けることが可能で、検査自体にかかる時間は10分超ほどとかなり短いです。また、精神疾患を目で見て判別することができるのが理由で人気となっています。光トポグラフィー検査で、病名がはっきりすることで、正しい治療を受けることができることも魅力のひとつです。脳の状態を目で見て納得することができるのです。客観的に結果がわかることで、周囲の理解や療養しやすい環境を作ることができるメリットにもなります。心の中でモヤモヤしていたものが、目に見えてはっきりとすることで、治療にも専念することができるのではないでしょうか。正しく治療するためにも、光トポグラフィー検査はおすすめです。