笑う女性看護師

光トポグラフィー検査で正確な診断ができる|ヘッドギアのような装置

最新のうつ病検査

カウンセリング

周囲の人にうつ病だと理解してもらえないのであれば知っておきたいのが光トポグラフィーについてです。これはうつ病の検査結果をデータで出すことができる最新の方法です。光トポグラフィーの特徴は専用の装置をつけて近赤外光をあて脳の血流を測定してうつ病かどうか判断する事ができます。

View Detail

脳の血流を測定します

パソコンを触る先生

数値で診断します

現在精神医療現場でのうつ病治療は、問診で気持ちが落ち込む、眠れなくなったなど、複数の症状が2週間から1ヶ月ほど継続していれば、医師にうつ病と診断され、抗うつ薬を処方されます。そして適度な休養と栄養を摂るように指導されます。しかし最近の研究で、このような医師の勘と経験を頼りにする診断方法は誤診が発生しやすいという事が分かってきました。処方された薬を服用しても全く効果がない患者が約3割存在しているという驚きの調査も存在しているのです。的確な診断を下して貰い治療を受けるためには、漠然とした診断ではなく、きちんとデータ化された検査が役立つと注目を集めています。そこで注目を集めているのが、光トポグラフィー検査です。この光トポグラフィー検査は、それまで問診が当たり前だったうつ病の診断を、装置を使い数値で診断することができる検査です。この検査は画像で脳内の血流を見られるので、うつ病なのか、または双極性障害、統合失調症なのかを、はっきりと見分けることができます。光トポグラフィー検査は、今後のうつ病治療を大きく変えるものと期待されています。精神科の診断は数値で表すことがたいへん難しいことから、検査結果がデータとして明確に数値が出ることは、医師の判断材料が増え、患者にとってはとても良いことです。今後、光トポグラフィー検査が広がれば診断、治療はやりやすくなり、誤診の数も激減することが予測できます。

医師と信頼関係が重要です

光トポグラフィー検査の手順は、まず初めに、頭にヘッドギアのような装置を装着します。次に医師から、簡単な質問をされるので、患者は答えを言います。 患者が質問の答えについて考えてる時と答えを言っている時に、脳の血液量を測ることで、脳がどれくらい活発に働いているか画像で見ることができます。 数値がグラフになったデータなので、客観的に患者がうつ病なのかが正しく診断できます。頭皮の上に装着しますので、正しく測定できるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。赤い色の光は、人の体の組織を透過しやすいという特徴があります。この性質を利用して頭皮の上からでも、血液の流れを測定できるのです。使用している光は身体に悪い影響はありませんので、副作用の心配はありません。安心して検査を受けられます。光トポグラフィー検査はあくまでも検査であり、病気を治す治療とは違います。検査を受けたからといって、すぐにうつ病が完治する訳ではありません。ですが、この検査を受けることで、問診だけによる誤診を防ぎ、さらに効果的な治療方法を見つけることが期待できるのです。正確な診断を下すためには問診は大切ですが、そのためには医師と患者が信頼関係を結ぶことが、とても重要になります。

病名診断を客観的に行う

先生

うつ病などの診断は、医師による問診の他に光トポグラフィーを補助的に組み合わせることができます。これは脳内血流量を測定する非侵襲的な方法です。この光トポグラフィー検査の結果は100%正しいものではありませんので、注意が必要です。

View Detail

精神に関わる先進医療技術

悩む男性

光トポグラフィーという検査機械が導入する病院が日本国内で増えてくるようになり、うつ病などのような精神病を判定しやすくなってきています。人間の判断では難しかった病気を、ある程度の確立でうつ病になっているかどうか判定してくれる先進医療技術なのです。

View Detail

先進医療技術の検査法

ドクターと患者

光トポグラフィー検査は、うつ病などの精神疾患を判別することができる先進医療技術の検査です。うつ病などの精神疾患を客観的に診断することができる唯一の検査方法です。脳の状態のデーターを目で見て納得することができます。

View Detail